WordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」にしてみた

これまで、WPテーマ「Stinger8」を使ってたんですけど、カスタマイズに時間をかけるばかり、投稿数が伸びず、何のためのブログなのかという状態でした。

そこで、完成している有料テーマの「Affinger」や「STORK」の購入を考えたのですが、その前に無料テーマを漁ってたら、「Luxeritas(ルクセリタス)」という無料テーマを見つけました。

今回は、「Luxeritas」の導入として同テーマの特徴を中心にまとめます。

Luxeritas(ルクセリタス)とは

Luxeritasは、SEO最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料のWordPressテーマです。

また、多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。

名前はラテン語の Lux(光)と Celeritas(速)に由来します。

SEO最適化済み

Luxeritasは、SEO最適化してるため、SEO関連のプラグインが不要です。

むしろ、プラグインを入れることによって、canonicalやdescriptionのタグが重複してSEOがマイナスになる恐れがあります。

基本的にはSEO関連のプラグイン入れない方が良いのですが、どうしても必要な機能があって入れる場合は、LuxeritasとSEO関連項目で重複してる部分を見て、その設定に関してはOFFにしないといけません。

公式サイトでも、Luxeritasを使っている場合にオススメしないプラグインとして、「All in One SEO Pack」や「Autoptimize」が挙げられています。

お勧めのプラグインとお勧めしないプラグイン | Luxeritas Theme

レスポンシブ

Luxeritasは、安定したレスポンシブデザインを提供するために、Bootstrapをベースにしています。

しかし、Bootstrapは多機能であるがゆえに CSS のサイズが大きいという弱点もあります。

よって、レスポンシブに関する2つのモードを選択できるようにしてあります。

Bootstrap採用により、Luxeritasはデバイスの種類による振り分け処理などを行わない、完全なレスポンシブ環境です。

そのため、プロクシキャッシュやWordPressプラグインのキャッシュ機能等に影響を受けることがなく、常に閲覧ユーザーに適切なサイズのサイトを見せることができます。

また、Luxeritasはボタン一発で簡単にAMPに対応できます。オリジナルのページとほぼ同じ見た目でAMP化できます。

AMPとは

Accelerated Mobile Pagesの略。Googleが主導するモバイルページ高速化プロジェクトのこと。

Accelerated Mobile Pages – Wikipedia

 

次回は、Luxeritasの勉強をかねて、同テーマの外観を中心にまとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。