サブドメインを利用したWordPressインストール手順

WordPressをインストールするまでの手順の覚書きです。

※ロリポップのスタンダードプランを契約後、独自ドメインの取得と設定まで行った状態を前提にしています。

サブドメイン設定

まずはじめにサブドメインの設定を行います。

サブドメインとは、独自ドメインを細かく区分けするために任意で作成するドメイン名のことです。
ロリポップ!で、独自ドメインを設定されている場合、サブドメインの作成が可能です。

例:独自ドメイン「●●●.com」の場合
「sub.●●●.com」のような、「●●●.com」の直前に文字列が含まれているドメインがサブドメインです。

よくある質問 – ロリポップ!より

既に独自ドメインは設定済みですので、このままサブドメインの設定を行います。ユーザー専用ページのメニューから「サーバーの管理・設定>サブドメイン設定」へと進みます。

サブドメイン名と公開フォルダ名を指定します。特にこだわりがなければ、同じ名前でいいです。公開フォルダ名はFTPで接続するぐらいでしかお目にかかることはないです。また気に入らない場合は後で変更することも可能です。

 

WordPressのインストール

次に、WordPressのインストールです。メニューは「サイト作成ツール>WordPress簡単インストール」です。

サイトURLは冒頭で設定したサブドメイン、利用データベースは「新規自動作成」を選択します。(サブディレクトリで運用したい場合はこちらも併せて入力します。)

基本的に1サイトにつき、データベース1個という認識で問題ないです。1つのサイト内に複数のWordPressを設置したい場合のみ、既存のデータベースを選択してください。

あとはWordPressの設定を埋めるだけです。こちらは後ほど変更可能です。プライバシーの「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する。」は、公開できる状態になるまで見られたくないという自意識過剰な方はチェックを外しておきます。続いて入力内容の確認画面に遷移しますので、「承諾する」にチェック後、インストールボタンをクリックします。次画面で「正常にインストールが完了いたしました。」のメッセージ表示と、入力したメールアドレスに確認のメールが届きましたら、WordPressのインストールは無事終了です。

 

SSLの設定

最後にSSLの設定を行います。

インターネット上でのデータのやりとりを暗号化し、第三者に情報をのぞかれたり盗まれたりしないようにするのがSSL(Secure Sockets Layer)です。

よくある質問 – ロリポップ!より

セキュリティの問題はもちろんですが、最も期待したいのは、GoogleがSSL化を推奨しているというところです。さらに、SSL化しているサイトに対しては検索結果で優遇すると明言しています。

ということで、メニューの「セキュリティ>独自SSL証明書導入」へと進みます。

設定は対象のサブドメインにチェックを入れて「独自SSL(無料)を設定する」をクリックで完了です。

表示が「SSL保護無効」から「SSL設定作業中」に変わりますので、5分ほど経つと設定完了します。(設定解除はできません。

独自SSLの設定後にWordPressのURLを変更する必要があります。WordPressダッシュボードにログインし、メニューの「設定>一般」を選択します。「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「https://」から始まるURLに修正します。

 

まとめ

ロリポップ!はヘルプが充実しているので、特に困ることはないかと思います。というか改めて記事にする必要もなかったかもです。特に「はじめてのWordPress」は非常に分かりやすくて、初めてWordPressを使う方は一見の価値ありです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。