【資格】通訳案内士合格への近道!?受験科目免除とは?

通訳案内士は、合格率15.6%の難関資格です。難しさは英語資格では最高峰と言われます。

【資格】英語資格の最高峰!「通訳案内士」とはどんな資格?

筆記試験では全5科目で合格基準点を取る必要がありますが、科目免除が存在します。

外国語「英語」免除の条件

英語が免除されるための条件は2つあります。

英検免除

実用英語能力検定1級の合格者は、無期限で免除となります。

TOEIC免除

以下のいずれかのTOEICのスコアにより、直近1年の期限ありで免除になります。

  • Listening & Reading Test 900点以上
  • Speaking Test 160点以上
  • Writing Test 170点以上

日本地理免除の条件

日本地理科目の免除も条件が2つあります。

旅取免除

以下の3つの資格所持者は、無期限で免除になります。

  • 総合・国内旅行業務取扱管理者
  • 一般・国内旅行業務取扱主任者
  • 一般・国内旅行業務取扱主任者認定証保有者
注意
2005年4月より改正旅行業法が施行され、「一般旅行業務取扱主任者」は「総合旅行業務取扱管理者」と名称が変更になりました。
【資格】国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の違い

地理検免除

地理能力検定日本地理2級以上所持者は、無期限で免除です。

日本歴史免除の条件

日本歴史免除の条件は2つあります。

歴検免除

歴史能力検定日本史2級以上所持者は、無期限で免除です。

センター日本史B免除

大学入試センター試験「日本史B」60点以上の場合は、期限ありで免除です。

一般常識免除の条件

センター現代社会免除

大学入試センター試験「現代社会」80点以上の場合は、期限ありで免除です。

全科目免除

通訳案内士を受験して合格した科目は、直近1年の期限ありで免除されます。

つまり、他資格・スコアによる科目免除を考えなければ、2年の間に全5科目合格すれば1次試験合格となり、次のステップである口述試験に進むことができます。

まとめ

一発勝負の通訳案内士に対して、少しでも受験科目を減らせる無期限免除の効果は絶大です。

センター試験を受けるのは少々難しいかもしれませんが、今から科目免除狙いで他資格を受けるのはアリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。