逆アクセスランキングSim Accessに項目追加した話(後編)

前回に引き続き、Sim Accessを改造した話です。

 

SQLiteデータベースのテーブルレイアウトの修正

配布されているSim Accessのzipファイルには、access.sqliteファイルが同梱されており、あらかじめデータベースの情報が定義されています。

そのデータベースのテーブルレイアウトを変更する必要があります。

今回は、フリーウェアの「DB Blowser for SQLite」を使用します。

私は、replaceテーブルにテキストタイプの項目を追加しました。

replaceテーブルを選択後、Modify Tableをクリックします。

Add fieldをクリックして、新しい項目を追加します。今回はtestという名前のテキストタイプの項目を追加しました。

保存後、access.sqliteファイルは他のソース同様、サーバへアップロードします。

 

置換URL設定の画面の修正

続いて、replaceテーブルに追加した項目をメンテナンスするために、置換URL設定画面にも同様に項目追加します。

修正対象は、adminディレクトリのreplace.phpファイルになります。

メンテナンス箇所に、置換元URL、表示名、置換URL、に続いて項目追加します。

リスト表示箇所も忘れずに、項目追加します。

あと、同じディレクトリのjs.jsファイルも項目追加が必要です。

リスト表示の右の編集ボタンに連動して、メンテナンス項目をセットしています。

 

置換URL設定のデータベース格納箇所の修正

さらに、データベースを更新している箇所を修正します。

先程のreplace.phpから呼び出されている関数が書かれてる箇所になります。

修正対象は、classディレクトリのclass.url.phpファイルになります。

データベースを登録と編集している関数をそれぞれ修正します。

SQLiteに追加した項目名と同じ項目名にする必要があります。

ここまで修正できたら、データベースへの格納はできるようになってるはずです。

 

HTMLファイル出力内容の修正

最後になりましたが、HTMLファイル出力箇所を修正します。

修正対象は、classディレクトリのclass.access.phpです。ランキング生成箇所を修正します。

先程のテーブルに追加した項目を使って、編集して出力します。

 

まとめ

今回は、逆アクセスランキングSim Accessの修正のおおまかな流れとポイントを書きました。

具体的な修正内容ではなく、どのファイルを修正するのかといったところです。

ファイルベースのSQLiteですが、こんな感じで直していけば、項目追加できました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。