逆アクセスランキングSim Accessに項目追加した話(前編)

Sim Accessとは

Sim Accessとは、逆アクセスランキングを表示するPHPスクリプトです。

JavaScriptを利用してアクセスを取得して、データを蓄積し、解析・集計を行い、定期的にHTMLファイルを作成し、静的にランキングを表示します。

PHPスクリプトのHTMLファイルの出力箇所を編集して、自分好みのHTMLを出力することも可能です。

また、広告表示もなく、無料のため、WordPressに設置するのもオススメです。

(2018年1月現在、開発元のサイトが閉鎖していますが、二次配布により入手可能です)

 

Sim Accessのデータ管理

今回、Sim AccessのHTML出力に項目追加をします。

たとえば、アクセス元のサイトのカテゴリ、前回の順位・アクセス数の情報を追加します。

そのために、データの持ち方を変更したいです。

Sim Accessは、simaccessディレクトリ直下のaccess.sqliteというSQLiteファイルに設定やアクセス情報などの様々なデータを保持しています。

SQLiteとは

オープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS:Relational Database Management System)の一つ。サーバー不要のファイルベースで動作することが特徴で、PHP 5から標準で組み込まれた。

手軽に使えるだけでなく、大量のクエリにも耐えることができる。今後は手軽なRDBMSとして、幅広く使われていくと予想される。

https://www.weblio.jp/content/SQLite

ありがちなテキストファイルではないんです。

 

これから

これから、Sim Accessの改造を行うに当たって、修正のポイントをまとめます。

  1. SQLiteデータベースのテーブルレイアウトの修正
  2. 置換URL設定の画面の修正
  3. 置換URL設定のデータベース格納箇所の修正
  4. HTMLファイル出力内容の修正

次回、この順に具体的な修正作業について書きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。