【Excel】TRUNC、ROUND、INT、ROUNDDOWN、ROUNDUPの違い

エクセルで、数値の四捨五入、切り捨て、切り上げを行う関数をまとめます。

仕様の確認

まずは各関数の仕様の確認です。関数の説明と使い方を紹介します。よく似ていますが、引数の数が微妙に異なります。

TRUNC関数

truncate(切り捨てる)の意味どおり、小数点以下を切り捨てます。

TRUNC(数値,桁数)

数値の小数部を切り捨てて、整数または指定した桁数に変換します。

INT関数

integer(整数)の意味どおり、整数に変換します。

INT(数値)

切り捨てて整数にした数値を返します。

ROUND関数

roundには(丸める)という意味があります。

またよく似た?、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数もまとめて紹介します。

ROUND(数値,桁数)

数値を指定した桁数に四捨五入した数値を返します。

ROUNDUP(数値,桁数)

数値を切り上げます。

ROUNDDOWN(数値,桁数)

数値を切り捨てます。

四捨五入はROUND関数一択

確認していただいたとおり、四捨五入ができる関数はROUND関数しかありません。一択です。

今回挙げた他の関数では代用できません。

つまり、エクセルで資料を作る際に、四捨五入によりパーセントや割合を表示する場合は、ROUND関数を使います。

INT関数に注意

INT関数は、一見、切り捨てのように動作しますが、厳密に言うと切り捨てではありません。

どういうことかと言うと、数直線で例えると、INT関数は、常に数直線上の一つ左の目盛りの整数値を返します。正(プラス)の数の場合は、それで問題ないのですが、負(マイナス)の数の場合には、結果が変わってしまいます。

このような端数処理は使う機会がほとんどないと思いますので、INT関数を使う際は注意が必要です。

まとめ

四捨五入は、ROUND関数一択。

切り上げは、ROUNDUP関数一択。

切り捨ては、ROUNDOWN関数もしくはTRUNC関数を使います。

(明示的にROUNDDOWN関数を使うことをお勧めします。)

INT関数はお勧めしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。