香川の盛りラーメンの元祖!「ダントツラーメン」に行ってきた

仕事終わりにパスポートの切替発給に行ってきました。

帰りに「ダントツラーメン」高松一番店に寄り道しました。

「ダントツラーメン」とは

「二郎系ラーメン」とは、ラーメン屋「ラーメン二郎」を祖とするラーメンの系統を表す言い方です。

二郎系ラーメンの特徴として、

  • 極太のちぢれ麺
  • 麺を覆い尽くすほどのもやし等の野菜
  • ニンニクや背脂などトッピングを任意に選べる

などがあります。東京を中心に広がり、現在は二郎系ラーメンと呼ばれるお店は日本全国にたくさんあります。

そして、香川における盛りラーメンの先駆けとなったお店が「ダントツラーメン」です。

注意
「ダントツラーメン」が、二郎系ラーメンとは言っていませんので、あしからず。

注文は券売機で

メインメニューは、ラーメン・赤玉・つけ麺・油そばがあります。

サイズは、小盛(1玉)・並盛(2玉)・中盛(3玉)・大盛(4玉)から選べます。

うどん屋のノリで、大盛を注文するとエラいことになります。

増し増し!

券を店員さんに渡す際に、スープの濃さ・脂・野菜・ニンニクの量を無料でオーダーできます。

生卵も無料です。

結構な背脂…

満腹中枢に気付かれないように、一気に食べたので、気づきませんでしたが、結構な背脂です。レンゲの中で二層に分離しています。

食後、トイレが近くなる人がいるのも頷けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。